副院長ブログ「大切な歯を守る!」

患者さまの声

藤井歯科医院

〒468-0058
名古屋市天白区植田西2-2109
電話:052-803-3343
FAX:052-805-5758

詳しい地図を見る

診療時間

午前 9時30分〜13時
午後 15時〜 19時
※土曜午後の診療は17時迄です。
※最終受付は平日18時30分、土曜日16時30分迄です。

休診日

木曜日・日曜日・祝祭日

 

神経を残す・歯を抜かない・歯の移植

神経を残す治療

むし歯が浅い場合は、最小限の削り方でむし歯を取り除き、形や色を精密に復元することで、機能を回復することは可能です。

しかし、むし歯が深くまで進行し、神経・血管(歯髄)まで及んだ場合には、残念ながら歯髄を取らざるを得ないこともあります。

歯は歯髄を取ると、強度が落ちて将来割れる原因になったり、別の感染症にかかる可能性が高まります。歯髄を残すことは、将来のお口の安定につながる大切なことです。

当院では、従来の方法では、歯髄を取らなければ治せないような深いむし歯でも、生体の反応をよく理解した上で、適した材料や方法を選択することにより、歯髄を取らずに残す治療を行っています。
(※すべてのケースで歯髄を残せるわけではありません。事前に十分説明させていただきます。)

MTA

 

歯を抜かない治療

「むし歯が深いために、抜かなければいけません。」
「歯が割れているから、抜く必要があります。」
こんなことを歯医者さんで言われたことはありませんか?

むし歯が深くまで進行し歯ぐきの中にまで及んでしまうと、治した後に再び問題が起こり、その結果抜くことになったり、または、始めから治すことを諦めて抜く選択に迫られることがあります。

しかし、挺出術、歯冠長延長術、意図的再植術など、歯ぐきの中まで進んだむし歯に対する処置を行うことによって、歯を抜かないで再びご自身の歯を機能させることができる可能性があります。

また、歯にヒビが入っている場合にも、ヒビを補修することで、歯を残せる可能性があります。

挺出術

部分的矯正治療により歯を引き上げることで、歯ぐきの上に健康な歯を出します。治療後の歯や歯ぐきは健康な状態を保つことができ、結果的に歯の寿命が長くなります。

挺出術

歯冠長延長術

歯ぐきの位置を下げることで歯ぐきの上に健康な歯を出します。

歯冠長延長術

意図的再植術

意図的再植術

他院で歯を抜かなければいけないと言われた歯でも、これらの処置を行うことで、残すことができる可能性があります。

ご自分の歯で噛めることの素晴らしさは、歯を失ってから初めて気づくことも多いです。そして、一度失った歯は二度と戻ってきません。
ご自身の歯で生涯過ごせることの価値を、再認識していただけたら幸いです。

歯の移植術

歯の移植術とは、残すことができない歯を抜いて、その部位へ親知らずなどのご自分の歯を移植する治療法です。

すべてのケースに適応できるわけではありませんが、条件が揃えば適応可能で、治療後もご自分の歯のように咬むことができます。

一般的には、歯を抜歯した後の回復方法としては、入れ歯や、ブリッジ、インプラントが挙げられます。多くの患者さまはこれらの方法を選択し、機能を回復なさっています。

しかし、これら人工物で補う方法を選択する前に、もう一度ご自分の歯で咬める可能性に眼を向けていただきたいと思います。歯を失ってもなお、ご自身の歯で咬める喜びは、やはり何ものにも代えがたいものです。

当院では、抜歯の必要があり、かつ移植に適した歯をお持ちの場合には、歯の移植術の選択肢をお話しさせていただいております。

  • 「歯の移植術」については副院長ブログ「歯の移植」でも紹介しています。
歯の移植